不倫慰謝料 Q&A
Q: 不倫慰謝料請求に際して、気をつけることはありますか?
A: 一緒に暮らしていれば、配偶者が不倫をしていると感じることがあるかもしれません。しかし、実際に慰謝料を請求する場合には、第三者から見て不倫の事実があったと認定できるだけの証拠が必要です。そこは冷静になって、証拠収集されてから対策を立てたほうがよいでしょう。

また裁判の手続に移った場合であっても、事案が生々しいものであるだけに、裁判所から和解(お互い譲歩して、ある程度の金額で折り合って、争いを終わらせるということです)を勧められることが多いということは念頭に置いておいて頂きたいと思います。



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
名古屋市中村区名駅三丁目26番19号 名駅永田ビル5階
清水綜合法律事務所 http://www.shimizu-lawoffice.jp/
弁護士 清水 加奈美
TEL:052-587-3555
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


【ウインドウを閉じる】



不倫慰謝料 相談申込フォームへ | 清水綜合法律事務所 ホームへ