刑事事件 Q&A
Q: 逮捕と勾留はどう違いますか?
A: 簡単に言うと、「逮捕」というのは被疑者の身体を強制的に最大72時間(3日間)拘束する処分です。
「勾留」は逮捕に引き続いて行われる比較的長期の身柄拘束をいい、起訴前勾留と起訴後勾留の2種類があります。起訴前の勾留では被疑者の身体を原則10日間(延長された場合は更に10日間)拘束することができますから、逮捕と起訴前勾留を併せると、起訴前の身柄拘束期間は最大で23日間(逮捕3日間+勾留10日間+勾留延長10日間)となります。

起訴された後も、逃亡や証拠隠滅の可能性があると判断された場合は保釈してもらえず、起訴後勾留されたままの状態が続くことがあります。こういった場合には、身柄拘束が解かれるよう、弁護士が保釈請求をするなどしてお手伝いをしていくことになります。



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
名古屋市中村区名駅三丁目26番19号 名駅永田ビル5階
清水綜合法律事務所 http://www.shimizu-lawoffice.jp/
弁護士 清水 加奈美
TEL:052-587-3555
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


【ウインドウを閉じる】



刑事事件 相談申込フォームへ | 清水綜合法律事務所 ホームへ