交通事故 Q&A
Q: 弁護士をつけると示談金額は上がりますか?
A:

弁護士に交通事故の損害賠償請求をご依頼することで、賠償金額が確実に上がるとお約束することはできませんが、ケースによってはかなりの増額を実現できることもあります。(当事務所の解決実績)。

交通事故の被害に遭った場合、加害者側の保険会社がどこかの段階で示談を持ちかけてきます。しかしこの示談金額がはたして妥当なのか、損害を適正に評価したものなのか、一般の方には分かりにくいことが多いのではないでしょうか。

交通事故の損害算定方法には色々な考え方がありますが、保険会社は営利企業として、できるだけ支払いの金額を抑えようと考える傾向があります。したがって加害者側保険会社から提示されてくる示談の金額は、被害者の方が被った損害について十分評価されておらず、仮に裁判を起こした場合に認められる可能性の高い損害額よりも、かなり低い水準であるということがしばしば見られるのです。

こうした場合に、被害者の方やご遺族がご自身で交渉し、賠償額の増額を目指すということももちろん可能ですが、実際問題として中々うまくいかないことも多いのではないでしょうか。
弁護士はこうした業務を日常的に行っていますから、弁護士が代理人となって加害者側保険会社に損害賠償請求をしていく場合、交渉または裁判によって、当初の低い提示額を引き上げるということがより期待できるのです。




□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
名古屋市中村区名駅三丁目26番19号 名駅永田ビル5階
清水綜合法律事務所 http://www.shimizu-lawoffice.jp/
弁護士 清水 加奈美
TEL:052-587-3555
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


【ウインドウを閉じる】



交通事故 相談申込フォームへ | 清水綜合法律事務所 ホームへ