交通事故 Q&A
Q: 保険会社から「今月で治療費の支払いを打ち切る」と言われましたが?
A: 交通事故によって受傷した場合、事故後一定期間治療を受けることになりますが、ある程度回復したところで治療の効果が現れなくなる時期を迎えますね。これを「症状固定」といいます。
加害者側が負担する治療費は、原則としてこの症状固定のときまでの治療分であり、症状固定後に発生した病院代等は後遺障害慰謝料に含まれていると考えられています。
保険会社は、例えば鞭打ちのケースなどで、事故後6ヶ月が経過すると「症状固定したから」と言って、治療費の支払いを打ち切ろうとしてくることがあります。
しかし、症状固定したかどうかということは、保険会社が一方的に決めるものではありません。医学的な見地から、今後も治療を続ければ症状が改善するということであれば、まだ症状固定しているとはいえないのです。そこで症状固定していないにもかかわらず一方的に支払いを打ち切られた場合、これらの未払い分についても弁護士が支払いを要求していくことになります。



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
名古屋市中村区名駅三丁目26番19号 名駅永田ビル5階
清水綜合法律事務所 http://www.shimizu-lawoffice.jp/
弁護士 清水 加奈美
TEL:052-587-3555
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


【ウインドウを閉じる】



交通事故 相談申込フォームへ | 清水綜合法律事務所 ホームへ